jQuery 3.3登場、約1年ぶりのアップデート。新機能も追加

2018年1月29日


JavaScriptライブラリとして知られるjQueryが約1年ぶりにアップデートされ、「jQuery 3.3」が1月19日付けでリリースされました

jQuery 3.3リリース

1つ前のバージョンであるjQuery 3.2のリリースが2017年3月16日で約10カ月前、さらにその前のバージョンであるjQuery 3.1のリリースがそこから8カ月前に遡る2016年7月7日ですので、jQueryはゆっくりながらも着実にアップデートされてきたといえるでしょう。

配列に対してまとめてクラスの追加や削除が可能に

新機能として.addClass()、.removeClass()、.toggleClass()の3つのメソッドが、列挙されたデータに対して利用可能になりました。以下がその例です。

jQuery(elem).addClass([
   'dave', 'michał', 
   'oleg', 'richard', 
   'jason', 'timmy'
]);

jQueryの開発チームは新たな機能を積極的に追加しようとはしていないとしながらも、これはとても便利なので追加したと、次のようにブログで説明しています。

Generally, jQuery is not looking to add anything new. We tend to focus more on what we can remove rather than what we can add. But as soon as we saw this feature request, we wondered how it hadn’t been added before

一般論として、jQueryはもう新しい機能を追加しようとはしていない。追加するよりもむしろ、機能を削除することにフォーカスしているくらいだ。とはいえ、この機能のリクエストを目にしたときには、なぜこれまでこれができなかったのかと不思議に思うくらいだった。

jQuery 3.3でも、Ajax機能が不要なユーザーのためにAjax機能を削除したスリム版のjQuery 3.3も提供されます。

jQuery 3.3はjQuery 3.xと互換性があるため、そのまま入れ替えが可能とのことです。

また、今後リリースされるであろうjQuery 4.0では、下記のメソッドが削除される見通しであるとして注意を呼びかけています。

jQuery.now
jQuery.isWindow
jQuery.camelCase
jQuery.proxy
jQuery.type
jQuery.isNumeric
jQuery.isFunction
Event aliases

参考:jQuery 3.0正式版がついにリリース。通常版のほかに、Ajax機能を省略したスリムビルド版も提供

参考:jQuery 2.0.1とjQuery 1.10.0が同時リリース。jQueryの2バージョン並行リリースが開始

参考:jQuery 2.0がついに正式リリース。IE8以前はサポートせず、より軽量で高速に

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ Web技術 / JavaScript
タグ  jQuery


次の記事
マイクロソフト、Windowsアプリ開発者向け「Desktop Application Analytics」提供開始。アプリのインストール数やクラッシュの原因などの統計情報を把握

前の記事
Linux Foundation、「LF Networking Fund」を開始。6つのオープンソースプロジェクトをまとめて運営することで開発を促進


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig