[速報]VMware Cloud on AWS、本日より提供開始。AWSのベアメタルでVMware環境を提供。VMworld 2017 US

2017年8月29日

VMwareとAmazon Web Services(AWS)は、AWSのクラウド基盤にVMware環境を構築し提供する「VMware Cloud on AWS」を本日から提供開始すると、ラスベガスで開催中のイベント「VMworld 2017 US」で発表しました

VMworldの基調講演には、AWS CEOのAndy Jassy氏がゲストとして登壇(写真右。左はVMware CEO Pat Gelsinger氏)。

VMware Cloud on AWSの発表

「これまで私たちは、AWSへの移行によってVMwareのソフトウェアが使えなくなるか、あるいはVMwareを使い続けることでAWSへの移行を困難にするか、いずれかの選択肢を選ばざるを得なかった。

VMware on AWSは、このベストなプライベートクラウドプロバイダとパブリッククラウドプロバイダをシームレスに簡単につなげるようにする」(Andy Jassy氏)

VMware Cloud on AWSVMware Cloud on AWS

VMware Cloud on AWSはAWSのベアメタル環境上に構築

「VMware Cloud on AWS」は、vSphere、vSAN、NSXなどのVMware環境をAWSのベアメタル環境のうえで実現したもの。オンプレミスのVMware環境とシームレスに統合でき、vCenterで統合管理可能。AWSが提供するさまざまなサービスとの連携もできるようになっています。

オンプレミスのVMware環境と互換性があるため、オンプレミスのワークロードのクラウドへの移行や、クラウドへの負荷分散、一時的に利用するテスト環境などのユースケースに適しています。

VMware on AWSの構成VMware on AWSの構成(2016年10月発表時の資料から)

VMware Cloud on AWSはVMwareが顧客の窓口となって販売、サービスの提供、サポートを行います。

36コア、512GBメモリ、15TB SSDのベアメタルを使用

VMware Cloud on AWSでは36コア、512GBメモリ、15TB SSD(NVMe)のベアメタルサーバを顧客が専有。そのうえでvSphereによる仮想サーバの提供が行われます。

VMware on AWSのベアメタルサーバVMware on AWS:Pricingの動画から

仮想サーバは4ノードから16ノードまでのクラスタ設定が可能。

VMware on AWSのクラスタ設定

費用はオンデマンドの利用で1時間ごと、もしくは1年か3年の契約が選択できます。

VMware on AWSの価格モデル

VMware Cloud on AWSが最初に提供されるのはAWSの米国西部(オレゴン)リージョン。2018年にはワールドワイドのリージョンに展開する計画です。

VMworld 2017 US

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  AWS , VMware


次の記事
[速報]VMware、vSphere上にコンテナ環境を自動構築する「Pivotal Container Service」発表。Google Container Engineとのポータビリティ実現。VMworld 2017 US

前の記事
オープンソースのシステム監視ツール「Zabbix 3.4」リリース。ウィジェット化されたダッシュボード、バルクメトリクス収集やアラートの並列処理なども追加


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig