Google、継続的デリバリに対応したデプロイ自動化ツール「Spinnaker 1.0」正式リリース。GCE/GKEだけでなく、AWS、Azure、OpenStackなどマルチクラウド対応

2017年6月9日

Googleは、継続的デリバリに対応したデプロイ自動化ツール「Spinnaker」の正式版となる「Spinnaker 1.0」のリリースを発表しました

fig

SpinnakerはもともとNetflixが開発し、2015年にオープンソースとして最初のバージョンを公開しています。

参考:Netflix、マルチクラウド対応の継続的デリバリを実現する「Spinnaker」をオープンソースで公開

このときすでにNetflixの開発にGoogleは参加しており、その後もSpinnakerの開発が進められてきました。

Spinnakerはデプロイに求められるほとんどすべての機能を備えていると、次のように説明されています。

In Spinnaker, deployments are orchestrated using custom release pipelines, the stages of which can consist of almost anything you want -- integration or system tests, spinning a server group up or down, manual approvals, waiting a period of time, or running a custom script or Jenkins job.

Spinnakerでは、デプロイメントはカスタムリリースパイプラインによって指揮(Orchestrated)される。各ステージでは必要とされるほとんどを構成可能だ。それは統合だったりシステムテスト、サーバの起動や停止、マニュアル操作による承認、一定時間の留保、カスタムスクリプトの実行やJenkinsジョブの実行などだ。

SpinnakerはGitやJenkins、Travis CI、cronのスケジューリングなど、さまざまな方法で呼び出すことが可能。

あらかじめ、Blue/Greenデプロイメントやマルチステージング環境、カナリアリリース、トラフィックスプリッティングなどのデプロイ方法やロールバック機能をサポートしているため、デプロイ環境とデプロイ戦略を選択することで簡単にデプロイ自動化を開始できるとのこと。

SpinnakerはGoogle Compute EngineやGoogle Container Engine、Google App Engineだけでなく、AWS、Azure、OpenStack、Kubernetesなどマルチクラウド対応。今後、Oracle CloudのベアメタルやDC/OSにも対応予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : DevOps , クラウド , 継続的デリバリ , 開発ツール



≫次の記事
起業・スタートアップ。起業するために、また継続させるために必要なこととは? −AIIT起業塾#8−[PR]
≪前の記事
GitHubがオープンソースに関する調査報告を公開。「ドキュメントは非常に重要だが見過ごされやすい」「ソフトウェア選択時のデフォルトはオープンソースに」など

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig