Google、「App Engine firewall」発表。IPアドレスなどのルールを設定できるマネージドなファイアウォールサービス

2017年8月28日

Googleはクラウドで使えるマネージドなファイアウォールサービス「App Engine firewall」を発表しました

App Engine Firewall ファイアウォールのルール設定画面

App Engine firewallは、設定画面からルールやプライオリティを設定するとすぐに使えるようになっています。

With App Engine firewall, you simply provide a set of rules, order them by priority and specify an IP address, or a set of IP addresses, to block or allow, and we’ll take care of the rest.

App Engine firewallでは、単にルールや優先度、ブロックもしくは通信を許可するIPアドレスもしくはIPアドレス群などを設定するだけです。あとのことは全部Googleがやります。

例えば、特定のIPアドレスからの通信は許可し、それ以外は拒否することで、特定のIPアドレスからだけ通信を行うように設定可能。拒否されるアドレスに対してはHTTP 403エラーコードを返すようになっているとのことです。

ファイアウォールを用いることで、コードで判別していた処理が不要になり、余計なインスタンスの起動などが抑えられ、コストも最適化されるとGoogleは説明しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  Google , Google App Engine , Google Cloud Platform


次の記事
オープンソースのシステム監視ツール「Zabbix 3.4」リリース。ウィジェット化されたダッシュボード、バルクメトリクス収集やアラートの並列処理なども追加

前の記事
マイクロソフト、インテルの市販FPGAを用いた深層学習基盤「Project Brainwave」を解説。Azureへの展開も予定


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig