ネットワーク機器を一括管理するクラウドサービスのCisco Meraki、オペミスでユーザーデータを削除。現在復旧作業中

2017年8月9日

ネットワークスイッチやワイヤレスLAN、WAN、IP電話などを一括で管理するクラウドサービスを提供しているCisco Merakiは、オペレーションミスによって顧客が保存したデータの一部を削除してしまったことを発表しています

fig

同社の報告「North American Object Storage Service Impact (8-4-2017)」によると、8月3日に行ったコンフィグレーションの変更作業のなかで間違ったポリシーが北アメリカのオブジェクトストレージサービスに適用され、それによって8月3日午前11時20分(太平洋標準時)以前にクラウドへアップロードされたデータの一部が削除されてしまったとのことです。

ここで示されたオブジェクトストレージとは、顧客向けのサービスとして提供されているものではなく、Cisco Meraki内部で利用しているもののようです。

また、オペレーションのミスで削除されたのは「ユーザーアップロードデータ」に限られるとのこと。

This issue is limited to user uploaded data. Network configuration data is not impacted and no customer data was compromised.

この問題はユーザーのアップロードデータに限られ、ネットワークコンフィグレーションデータや顧客データには影響していない。

報告の中で示されたアップロードデータがなにを指すのかは明示されていませんが、報告に記載された影響範囲などから推測すると、例えばワイヤレスLANの構成時に表示するフロアマップや、おそらくポータルや画面やレポートなどに表示するであろう顧客企業のロゴデータ、サービスをカスタマイズするためのデータなどではないかと考えられます。

そのため、データが一部失われたとはいえ、前述のようにネットワークコンフィグレーションなど重要な部分には影響していないと報告されています。

データ復旧作業は現在も継続中

オペミスが発覚した当初は、一体どのデータが実際に削除されたのかも分らなかったようで、8月7日には次のように追加報告されています。

データリカバリ エンジニアチームは、データキャッシュから復旧可能なデータを特定し、現在も作業中。
リカバリツール お客様の多くはオリジナルデータを手もとに残していると聞き、現在データの一括アップローダを開発中です。これはデータベースに残ったチェックサムを基に、データを適切な位置に配置するものです。

同社は現在もデータの復旧作業中です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  障害報告


次の記事
ITまんが 2017年版 ~ ITが楽しく分かるマンガを集めてみました

前の記事
国内SD-WAN市場は5年で100倍以上拡大し、昨年の約4億円から2021年には504億円規模へ急成長。IDC Japan


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig