Google、脆弱性検出のためのファジング(Fuzzing)を機械的に実行する「OSS-Fuzz」、ベータ公開

2016年12月12日

ファジング(Fuzzing)とは、「検査対象のソフトウェアに『ファズ(英名:fuzz)』と呼ばれる問題を引き起こしそうなデータを大量に送り込み、その応答や挙動を監視することで脆弱性を検出する検査手法」であると、IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が発行する「ファジング活用の手引き」で説明されています。

Google Testing Blog: Announcing OSS-Fuzz: Continuous Fuzzing for Open Source Software

Googleは、このファジングを機械的に実行するためのソフトウェア「OSS-Fuzz」をベータ公開したことを発表しました

OSS-Fuzzの開発はGoogleと、OpenSSLやOpenSSH、NTPdなどインターネットの基盤に欠かせないソフトウェア開発を支援する「Core Infrastructure Initiative」が共同で行っています。

OSS-Fuzzはすでにフォントレンダリングのためのライブラリ「FreeType」で使われ、Heap-buffer-overflowを検出。メンテナに通知をし、修正された後の確認にも使われたと報告されています。しかもこれが全部1日で済んだとのこと。

OSS-FuzzはさまざまなFuzzingエンジン(当初はlibFuzzer)、サニタイザ(当初はAddressSanitizer)を組み合わせることができ、これらによってセキュリティの脆弱性や安定性、また論理的なバグなども発見できる可能性があるとのこと。

さらにClusterFuzzによって大規模分散環境での実行にも対応するとしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ 開発ツール / 言語 / プログラミング
タグ  Google , セキュリティ , 開発ツール


次の記事
VMware、vSphereをDockerコンテナ対応にする「vSphere Integrated Containers」正式リリース

前の記事
テラスカイとアプレッソ、クラウド型データ統合サービス「DataSpider Cloud」を共同開発。グローバル展開を目指し、2017年1月から提供開始


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig